FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

世界を動かす消費者たち  マイケル・J・シルバースタイン  読書感想

世界を動かす消費者たち

著者 マイケル・J・シルバースタイン

読書2


シルバースタイン,マイケル・J.
BCGシカゴオフィスシニア・パートナー&マネージング・ディレクター。米ブラウン大学卒業。ハーバード大学経営学修士(MBA with honors)。BCGコンシューマー・プラクティスのグローバル・リーダー、BCGグローバル・エグゼクティブ・コミッティ(経営会議)メンバー等を歴任。消費財・流通企業を中心に、イノベーション、ブランド構築、グローバル成長戦略、消費者インサイトなどに関するコンサルティングを数多く手がける。中国・インドにおけるプロジェクト経験も豊富

シンイ,アビーク
BCBムンバイオフィスパートナー&マネージング・ディレクター。インド工科大学(Indian Institute of Technology)卒業、インド経営大学院(Indian Institute of Management)経営学修士(MBA)。BCGコンシューマー・プラクティスのインド・リーダー。Confederation of Indian Industry(CII、インド産業連盟)のNational Committee on FMCGs、National Committee on Retail両委員会メンバー

リャオ,キャロル
BCG香港オフィスシニア・パートナー&マネージング・ディレクター。北京大学卒業、ハーバード大学経営学修士(MBA)。BCGコンシューマー・プラクティスのアジア地区リーダー、BCGアジア消費者・顧客研究センターの共同リーダー

マイケル,デビッド
BCGサンフランシスコオフィスシニア・パートナー&マネージング・ディレクター。ハーバード大学経済学部卒業、スタンフォード大学経営学修士(MBA)。BCGグローバルアドバンテージ・プラクティスのグローバル・リーダー。中国に20年近く住み、数多くの企業や政府とのプロジェクトを主導した。世界経済フォーラムGlobal Agenda Council on Emerging Multinationalsのメンバー。2004~2009年に中国移動通信(チャイナモバイル)のStrategy Advisory Boardのメンバーを務めた

市井/茂樹
BCG東京オフィスシニア・パートナー&マネージング・ディレクター。一橋大学法学部卒業。コロンビア大学経営学修士(MBA)。三菱商事株式会社を経て現在に至る。BCGグローバルアドバンテージ・プラクティスのアジア・パシフィック地区リーダー

2020年に10兆ドル、日本の3倍の消費が生まれる。巨大市場の実像は!徹底したインタビューと、21カ国2万4000人に及ぶ調査、さらに圧倒的なコンサルティング経験から描く、新世代の消費者の実像とは。

2020年には、10兆ドルの消費者になる中国とインド。

富裕層、真富裕層の消費、真中間層の消費に注目である。

景気減速の報道があっても、人口ボーナスは大きい!

いかに人口ボーナスをいかすか?

利用するか?

利用したものが世界を牛耳ることになるだろう!!

恐ろしい世の中になりそうな気配である。

どこに幸せをもっていくか

どこを求めるか?

だから国家を発展させるには、中間層を作るべきである。

富裕層への増税

もしくは、貧困層への減税による中間層への変化?

富裕層は逃げ方を知っているため、難しいだろう!


世界を動かす消費者たち---新たな経済大国・中国とインドの消費マインド

新品価格
¥1,944から
(2015/6/9 22:28時点)




世界を動かす消費者たち [ マイケル・J.シルバースタイン ]

価格:1,944円
(2015/6/9 22:30時点)
感想(0件)








忍者AdMax

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア