FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

1

プロが教えるあなたの不動産投資リテラシーを鍛える本 著者 八木剛

プロが教えるあなたの不動産投資リテラシーを鍛える本
著者 八木剛






新たな知識を求めてこの本と出逢う
この本は、株式会社RIG代表取締役、不動産投資コンサルタントである八木氏が書いた本である。
彼は1978年、兵庫県尼崎市出身であり、大阪明星高等学校卒業、関西大学経済学部経済学科卒業、経営コンサルティング外車、分譲マンション管理外車、賃貸マンションディベロッパー、賃貸マンション管理外車、家主業者を経て2015年に不動産投資育成株式会社である現株式会社RIGを設立して、代表取締役に就任した経歴を持つ人が書いた本である。
これまで1000以上に及ぶ個人投資家に対し、収益物件を活用した資産育成のサポートを行い、また自分自身も収益物件を購入、管理しており取り扱い総額は200億円を超える経歴を持っている。
彼曰く、不動産投資は多種多様であり、強い固定概念を持つ事はマイナスであり、不動産投資は他の投資商品と比べればディフェンシブだと言える投資であるということである。
確かに、株式投資や、FXや投資信託に比べればディフェンシブな投資だと思われます。
不動産投資では、リスクを図り、リスクから逆算することが基本となり、リスクとリターンのバランスで意思決定することが大切である。
ディスクなくしてリターンはありませんがリスクをどれだけ把握するかが大切なことだということです。
不動産投資は、基本を踏まえれば、誰でも、どこでも勝つことができますが、前提としまして、努力しなくても楽して稼げると言う考え方は危険です。
努力をすることが不動産投資に限らず、株式投資やFX、投資信託、仮想通貨においても努力をしなければなりません。
不動産投資には様々なメリットがあり、それはレバレッジを聞かせることにより元手資金よりも大きく投資が行えると言うことです。
不動産投資をするにあたり、3つの大切なスキルが必要と言われています。
①相場観
②シュミレーション
③人間力
いかに物件を安く買うか、いかに入居者を獲得するか、いかに物件を高値で売却するかこの3つがとても大切なことです。
そして大切な事はフルローンやオーバーローンではなくローンをいかに有利に借りることです。
不動産投資に必要なスキルのこの3つは、どれか1つ欠けてもマイナスに働くので日々努力が必要です。
その努力によりあなたの実力となります。
日々の努力によりあなた自身の成長により不動産投資で成功する可能性が高まるのです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

これからの不動産投資で失敗しないためのリテラシーを身につける!

ここ数年の不動産投資ブームを反映して、書店には膨大な数の不動産投資本が並んでいるが、そのほとんどは「区分を買いなさい」「都心の物件を買いなさい」「中古の物件を買いなさい」といった唯一の正解を教えるものである。
しかし、本書の著者の八木剛氏からすれば、不動産投資において、物件そのものに優劣があるわけではなく、投資する側の目的・目標によって、どんな物件でも最適な勝ちパターンが存在するという。
一般的には「クズ物件」と呼ばれる地方の老朽化した物件でも勝つ方法があるし、反対に都心の新築のような優良物件でもやり方を間違えてしまえば、失敗してしまう。
また、そもそも投資家自身が正しい知識を持たずに、業者の言われるままに物件を買ってしまい、失敗するケースも多い。
本書は、八木氏がこれまで何百という物件に関わった中で得た、正しい知識と方法論を「不動産投資リテラシー」と名づけて余すところなく提供し、投資家が自己の判断で不動産投資を成功させることができるための本である。





ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメント

おはようございます

どんな物件でも勝ち方がある!
業者の言いなりに買わない
なるほど!この本で知識が得られるならば読まなければならない気がしてきます。
非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア