FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

初心者から経験者まですべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書 著者 鈴木宏史

初心者から経験者まですべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書
著者 鈴木宏史





新たな知識を求めてこの本と出逢う
1974年生まれ、埼玉大学卒業、国内最大手の不動産投資情報サイト楽待で活躍する人気コラムニスト。
不動産鑑定士であり、不動産投資家である。
30歳を過ぎて転職した会社がブラック企業で、ワンマン社長のパワハラにあいうつ病、休職、退職におい込まれる。
自分自身の置かれている立場を理解して、この本を読むと非常に参考になるのではないでしょうかと思います。
初心者がまずやるべき事は、「知識武装」のための勉強である。
知識がなければ、業者に好きなように操られてしまう。
自分のペースで不動産投資をして、生きていくためにも知識をつけなければならない。
しかし無料セミナーへの参加はオススメしない。
セミナーに行くなら「自分にあった有料のセミナー」にする。
不動産投資と言っても何でもある。
だからこそ自分がどのような不動産投資をしたいのかを考えて、自分に合うやり方を探さなければならない。
不動産投資をするにあたって、資格は特に必要ない。
必要なスキルは、実践によって身に付くものである。
不動産投資を真剣に始めるのであれば、一棟めから法人化することを勧めてある。
そうすることで、「経費の幅が広がる」、「役員となった家族に報酬を支払える」など、個人にはない様々な税金の優遇措置がある。
法人化する場合、株式会社である必要は無い。
低コストの「合同会社」で十分である。
合同会社の設立においてインターネットの設立支援サイトを利用すれば、必要書類が簡単に作成できる。
返済方法は、初期段階では、返済額が一定で無理のない「元利均等返済」を選択すべきである。
今後もその金融機関で融資を受ける可能性があるなら金利交渉は慎重にすべきである。
金融商品の勧誘は基本的に断っても問題ないが、今後の融資を考えてあえて付き合う戦略もあると言うことを知っておくべきである。
多少融資金利が高くても、目標とするキャッシュフローが得ることができるのであれば問題ないと考えるべし。
法定耐用年数を超えた融資機関に気をつけること、金融機関から債務超過状態と判断される可能性がある。
税務面を全て税理士に任せきりにしてはいけない。
節税対策など、私たち投資家も最低限の税務知識を身に付ける必要がある。
道を切り開くのは自分次第。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


【遂に出た! 「初心者」から「経験者」まで、すべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書が、いよいよ誕生!】
【こんな本が欲しかった! 「ノウハウ」から「裏話」まで超具体的!超実践的!】
【「初心者はこの1冊」から!「不動産投資の全ノウハウ」が1冊ですべてわかる!】
【「経験者はここで」差がつく!「物件選び」「融資」「満室経営」の秘訣を、やさしく具体的に解説!】

★はじめる前に「本当に知っておきたい基本中の基本」は?
★誰も教えてくれなかった「物件選びの本当のコツ」は?
★ここが肝心!「お金を借りるための知恵と技術」は?
★がっちり稼げる!「賃貸経営」の極意は何か?
★投資の成否を分ける「物件の手放し方」の秘訣は?
★真の不動産投資家になるための「心の鍛え方」は?

「楽待」(国内最大手の不動産投資情報サイト)で、
「鑑定士×投資家」として活躍する人気コラムニスト、待望の初の著書!
完全書き下ろし!

全編Q&A方式だから、驚くほど読みやすい!
知りたい疑問と答えが、全部わかる!

ごくごく平凡なサラリーマンでも、不動産投資で成功できる!
その「秘訣」は何なのか?

すべてを、具体的に、わかりやすく、完全公開!

この本で、一歩踏み出し、「あなたの仕事と人生」を劇的に、いっきに変えてしまおう!

【読者限定特典】
著者自身が「物件評価をする際に使用しているキャッシュフローの分析シート」(Excelシート)がダウンロードできます!




ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア