FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

チャンスは『ムダなこと』から生まれる。 著者 中谷彰宏

チャンスは『ムダなこと』から生まれる。
著者 中谷彰宏





新たな知識を求めてこの本と出逢う
ムダの反対は効率。
効率はAIに勝てない、まさにその通り!
形に残らない事をしよう!
それが大切である。
無駄な時間を無駄な時間として捉えるのか、それとも無駄な時間を、有意義な時間として捉えるかが大切であると言うこと言われている。
確かにその通りである。
無駄な時間を無駄だと思えば、そこに有意義な事は生まれない。
その無駄と思われる時間をいかに有効活用するかを考えることが大切である。
中谷先生の本はいろいろ読ませてもらっている。
例えば、「歩くスピード上げると、頭の回転は速くなる」、「察する人、間の悪い人」、「なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか」、「ホテルで朝食を食べる人はうまくいく」、「ファーストクラスに乗る人のお金2」、「ファーストクラスに乗る人のお金 自分の器が大きくなる61の方法」、「ファーストクラスに乗る人の人間関係 感情をコントロールする57の工夫」などを今までに読書をさせていただいた。
どちらかと言うと、題名で内容がわかるような本が多い。
これだけ多く本を出されているのだから内容もダブっていることが多い。
つまりそれはとても大切なことだと言うことである。
何回も、いろいろな本に出てくるような言葉と言うのは忘れてはいけない言葉として受け止めることができるのである。
これが無駄として捉えるのか、とても大切なことだと捉えるかが大切である。
ムダだからイノベーションが生まれることもあります。
自分が知っていること、自分が頑張っていることに卑屈になってはいけません。
それが他人から無駄と言われても、いつか自分自身のためになる可能性があるからです。
あなた自身がどうなるかは他人にはわかりません。
他人がどうなるかも他人にはわかりません。
だからこそ自分で考えて自分の望む人生、自分の望む人格にならなければならないのです。
そして自分が望む人格になるためにも本を読まなければなりません。
「本を読んでいろいろな価値観を知る」、これがとても大切なことなのです。
自分自身の経験だけでは小さな器になってしまいます。
他人が経験されたことを経験させていただく、それは本で本を読むことによってできることです。
だからこそ「本を読んでいろいろな価値観を知る」これがとても大切なことなのです。
それが無駄と言われても気にする必要は無いのです。
他人はあなたに変わって欲しくないだけです。
他人はあなたに成長して欲しくないだけです。
だからこそ「無駄なこと」これを恐れてはいけません。
「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


人生のあらゆる逆転をするチャンスは、
「ムダなこと」から生まれます。

世の中は効率へと向かっています。
多くの人たちは、利益やメリットにすぐに結びつかない
「ムダなこと」を排除しようとします。

いいコピーも、最初の1行で完成するわけではありません。
その1行のコピーを書くために、
何万本というコピーを書く「ムダなこと」ができるのが一流です。

企画を考える時でも、
トップの人ほど出すアイデアが多いのです。
効率よくラクにやろうとするほど、
みんなと同じひとつのパターンにおさまって、
個性が失われてしまいます。
予想しないような個性をつけたいと思うなら、
「それはしなくていいでしょう」というムダなことをすればいいのです。

多くの人たちが効率を求めるこれからの時代には、
効率化できないアナログのところで差がつきます。

手書きのお礼状、気づかれない親切、買い物前の会話、
仕事に関係ない本を読むこと、嫌われてもするお節介など、
「ムダなこと」から稀少価値が生まれ、
競争せずに生き残ることができるのです。

コースからはずれてドロップアウトするなど、
「人生をムダにしている」と思われがちなことからは、
新たな展開が生まれます。

著者自身の人生の方向転換のきっかけとなった話や、
評価や査定につながらない仕事で評価されてチャンスをつかめた話など、
多くの経験談を織り交ぜながら、
「ムダなこと」からチャンスを生み出す方法を伝えます。









ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア